記事一覧

ほのかなマット感の大胆。ピアスでモードに寄せて


まとめ髪を華やげるインパクトピアスは、大ぶりだからこそコンビカラーの程よいバランスが際立ちます。ラグジュアリー ジュエリーギラつかない大人な煌めきでアクセント上手に。カッコよさも足せるので、清楚な白ブラウスも意志ある大人のスタイルに刷新してくれます。

ピアス¥26,400(MODERN WEAVING/エスケーパーズオンライン)ブラウス¥18,700(シーオール/ビームス ハウス 丸の内)



<右上>2色の楕円をクロスさせたような新感覚で構築的なフープピアス。ピアス¥3,300(フィービィー)

<右下>ボリュームチェーン×華奢なラインストーンがMIX。ピアス¥22,000(IOSSELLIANI/H.P.FRANCE)

<左上>オーバル×ラウンド。なだらかな曲線が顔周りを女らしく華やかに。フープピアス[小]¥23,100[楕円チャーム]¥16,500フープピアス[大]¥26,400[円形チャーム]¥16,500(すべてMARIHA/ショールーム セッション)

<左下>ありそうでないスクエアフォルムで甘ブラウスもシャープな印象に。ピアス¥5,500(アルアバイル)

【上質シルバーの逸品】エルメスの新作ジュエリーをシャープな効かせ役に

フォレストグリーン×エルメスのシルバー



革新的なデザインをシャープな効かせ役にして

落ち着いたグリーンのシャツワンピースをくすみベージュでつなげて、ニュートラルな着こなしに。そこにさし込んだのは「シェーヌ・ダンクル」の優雅さと、パンキッシュな安全ピンモチーフを美しく融合させたエッジーな新作。大ぶりながらも体に優しくフィットするデザインで、ストレスフリーなつけ心地も魅力。


ネックレス「シェーヌ・ダンクル・パンク」¥678,700・ブレスレット〈右手〉「シェーヌ・ダンクル・パンク」¥464,200・〈左手〉「アミュレット」¥401,500・スカーフ¥124,300・靴¥117,700/エルメスジャポン(エルメス) ワンピース¥42,900/イレーヴ パンツ¥30,800/サンスペル 表参道店(サンスペル) バッグ¥7,700/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(ビューティ&ユース)
「服を着たあとに、さらにおしゃれのスイッチを入れてくれるのがジュエリー。自信をもたせてくれるお守りとして、長く愛せるものを選ぶのがいいと思います。」

【関連記事】:2021年高級バクの流行トレンド

どんな洋服にも合わせやすいエナソルーナのネックレス


ピラミッド型にカットされたストーンをゴールドのフレームにはめ込んだデザインで、正面からは四角に見えるネックレスです。ストーンには、直径約4mmに加工された白いホワイトカルセドニーが使用されています。

トップが小さめで上品さがあるので、スーツにも合わせられます。働く女性に贈ると、プライベートのシーンだけでなくビジネスシーンでも使用してもらえます。

チェーンは華やかなゴールドですが、ストーンがホワイトなためきつくならない優しい印象があります。ティファニー 偽物年齢を問わずに贈れるのも、プレゼントとして選ばれている理由です。

ルスヒーリングストーンズのこのネックレスは、ピンク色のローズクォーツを一粒使用したデザインです。マダガスカル産のローズクォーツを使用しており、淡く優しいピンク色が綺麗だと愛されています。

ローズクォーツは恋愛成就のパワーストーンとして有名で、女性に広く人気があります。自然な形と色を活かしたラフカットの石は、約2.5cmと大きめで存在感がある点も喜ばれます。

こちらの石は、ポリエステルのロウ引き糸で編まれた台座に、包まれるようにデザインされているのが特徴です。丈夫で汗に強い素材なのでネックレスに最適で、使うほど肌に馴染みます。


3ドロップスネックレスは、ラフカットされたアパタイト3個をゴールドチェーンに通したネックレスです。アパタイトなかでも透明感のある水色の石を使用しており、繊細な印象が注目されています。

上品さがありながら、整えられ過ぎていない形は抜け感があるのが特徴です。女性らしいキュートなスタイルの他に、モードなスタイルにも合わせやすいため贈る人を選びません。

また、アパタイトはヒーリングや浄化の効果が期待できるパワーストーンとして知られています。エルメス ジュエリー仕事や人間関係などで気疲れしている方への贈り物として、癒しの効果と労いの気持ちを伝えるのにぴったりです。

オリンピックレスリング女子選手のお気に入りのジュエリー

皆さんは『カレッジリング』と言う文化を知っていますか?日本国内でも最近じわじわ知名度が上がってきているものですが、アメリカ・イギリスでは非常にポピュラーな習慣なのです。このカレッジリングが何なのか?というのを一言で言うと『学校を卒業する時に記念で作る指輪』の事です。日本で考えると卒業証書の様な物と考えてもらえばいいのかもしれませんね。因みに、最近日本でも注目されていて『カレッジリング』と言う言葉も見る機会は増えたかもしれませんが、本場アメリカなどでは『クラスリング』と呼ばれています。
今回は、そんな英語圏では非常にポピュラーな週間『カレッジリング』にスポットを当ててみたいと思います。

アメリカでは様々な場面でリングを作る?


『カレッジリング』は、アメリカやイギリスの様な英語圏では非常にポピュラーな習慣で、卒業の際には校章・学位・卒業年度等を刻んだリングを作る文化があるのです。もちろん一つづつカスタムメイドし、個人名や各々の誕生石まで入れて作る力の入り用です。因みにこのカレッジリングは、大学や高校などの卒業のみではなく、軍士官学校や警察学校でも必ず作られるそうです。
特にアメリカでは、このような記念ようにリングが作られることが非常に多く、皆様もメジャーリーグでワールドシリーズを制したチームがチャンピョンリングを贈られるという事は、日本人メジャーリーガーが増えたこともあり聞いたことがあるのではないでしょうか?この制度は、野球だけではなく、バスケットやアイスホッケー等のアメリカのプロスポーツでは毎年必ず作られるのです。
しかも英語圏では、上述の様なリングを作る習慣は、一般生活の中にもかなり浸透しており、企業が社員のモチベーションやロイヤリティの為に、カンパニーリングを作る企業も多いそうですし、個人でも以下の様な節目にはリングを作るそうです。
表彰を受けたことを記念して作るリング ⇒ アワードリング
資格を取ったことを記念して作るリング ⇒ クラスリング
独立開業したことを記念して作るリング ⇒ メモリアルリング
職人が親方(マスター)になった事を記念して作るリング ⇒ フリーメーソンリング
このように、節目にリングを作る風習が欧米ではポピュラーなのだそうです!

日本でのカレッジリングの現状
それでは、日本国内のカレッジリングの現状についてみていきましょう。カレッジリングと聞いても『何それ?』と思う方の方がまだまだ多いのが現状かもしれませんね。ファッション リングそれもそのはずで、元々日本国内では、このような節目にリングを作るというような風習や文化といったものはほとんどなかったためですね。しかし、近年カレッジリングの知名度がじわじわ上がってきているのは、上述したようなメジャーリーグに日本人選手が増えたことがあるのでしょう。さらに2009年に行われたワールドベースボールクラシックで日本チームが優勝したときにチャンピョンリングが作成されたことや、日本国内のプロバスケットリーグでも、年間の優勝チームにチャンピョンリングが作られ贈られるようになったため、一気に知名度が上がったのです。
こういったこともあり、近年では結婚指輪としてオリジナルなメッセージを刻み込んだペアリングを作ることや、仲の良い友人同士で大学卒業時にカレッジリングを作る人が徐々に増えているそうです。

まとめ
今回は、英語圏では非常にポピュラーな風習カレッジリングについてご紹介してまいりました。本稿でもご紹介した通り、日本国内では元々全くといって良いほど馴染みのなかったカレッジリングですが、メジャーリーグに日本選手が増えてきたことや、日本のプロリーグでもチャンピョンリングという風習ができてきたこともあり、近年徐々に知名度が上がってきています。確かに、英語圏ほどまだまだポピュラーではありませんが、知人同士で記念日にカレッジリングを作ろうと思っている方も少なくないかもしれませんね。
現在、日本でも、カレッジリングをオーダーメイドで作成してくれるジュエリーショップも増えてきていますので、興味がある方は一度調べてみてはいかがでしょうか?

【関連記事】:ジュエリー 関連のアイテム一覧です

オリンピックのバスケットボール女子選手が愛用するブレスレット

日本発祥のジュエリーブランド、ヨンドシーは1972年に誕生して以来、女性を輝かせる上品なアクセサリーを展開しています。

ファッション リング天然石やハートモチーフを使用したレディースブレスレットは、繊細できらびやかに仕上げているのが特徴です。
毎日着用したくなる美しいデザインなので、初めてジュエリーを購入する20代女性におすすめします。

また、変色しにくいエターナルシルバーや着け心地の良いプラチナなど、素材へのこだわりも魅力のひとつです。

ノジェスは、日本を代表するファッショングループ サザビーが展開するブランドです。
時代のトレンドを押さえたアイテム作りに定評があり、主役級のアクセサリーが豊富に揃います。

ブレスレットは、計算されたカッティングのストーン付きが人気。重ね付けを楽しめるデザインでアレンジがしやすく、おしゃれを楽しむ40代女性におすすめです。

上品でどんなファッションにも合わせやすいため、使うシーンを選ばず毎日つけられます。

【関連記事】:記念日の贈り物や自分へのご褒美に

メッキが掛かっているジュエリーは安い!は間違い。メッキがされる意味をご紹介

皆さんは、ジュエリーを購入するとき、使われている素材について、どの程度気にしていますか?ジュエリーは宝石が主役となりますので、宝石の大きさや透明感、美しさに関しては細部まで注意深く確認すると思うのですが、貴金属に関しては、意外と気にしていない人が多いように思えます。
もちろん、貴金属とはいえ、さまざまなカラーがありますので、好みのカラーなのかは気になるのでしょうが、その金属や純度やメッキの有無などまで注意するなんて人は少ないのではないでしょうか。そのため、世間では『メッキ』に関するイメージが非常にネガティブになっているように思えます。メッキが施されたジュエリーの中には、買って間もないのにメッキが剥がれてしまった…なんてこともあるため、メッキが掛かっているジュエリーは安物だと考えてしまう人が出てしまうのも致し方ないかもしれませんが、実はメッキが施されているからといって粗悪品という訳ではないのです。
そこで今回は、ジュエリーに施されるメッキの基礎知識についてご紹介します。

そもそもメッキとは何か?
まずは、メッキとは何か…やメッキがかけられる理由についてご紹介しておきましょう。
メッキは、金属や非金属の基材の表面に薄い金属皮膜を生成することをいいます。このメッキをかける方法は数種類あるのですが、主流なのは、メッキ金属を溶かした液体に基材を入れて電流を流し、皮膜を生成するという手法となります。ジュエリーに用いられるメッキは、金メッキやロジウムメッキ、ニッケルメッキが多いです。
それではこのようなメッキがジュエリーに施される理由は何なのでしょうか?以下で見ていきましょう。

メッキがかけられる理由
メッキがかけられる理由は、主に3つあると言われています。

基材を保護するため
1つ目は『保護』の目的です。普段皆さんが身につけるアクセサリーは真鍮や銅、銀などの金属が使われています。しかしこれらは金属がむき出しの状態だと変色、腐食してしまうのです。したがって、表面にメッキを施し、変色や腐食から金属を守るのです。ただし、銀を使用したジュエリーの中には、変色することを良しとするブランドもあり、そのような場合にはメッキが施されていません。
金属の化粧のため
2つ目の目的は、金属を美しく見せるためのメッキです。メッキをかけると、色が均一になり美しく見えるという特性を利用しています。tiffany ジュエリーケース特に銀製のジュエリーは、使用しているうちに表面に色ムラが出てしまう場合があり、これを防ぐためにメッキをするということも多いです。
金属特有のトラブルを防ぐため
銀は、使用しているうちに黒ずみが表面に出てきてしまい、それが使用者の衣服などに付着して汚してしまう…なんて可能性があります。特に、ブローチやタイタック、カフスリングなど、衣類に直接触れるアイテムの場合、この特性を無くすためにメッキが施されるのです。
ジュエリーのメッキパターンについて
上述のように、メッキを施すにはさまざまな理由があるのです。したがって、高額なジュエリーに関しても、メッキが施されているなんてことは当たり前で「メッキ=安物」ということではないのです。最後に、貴金属ごとのよくあるメッキの組み合わせもご紹介しておきます。ただし、メッキに関してはメーカーによって基準などが異なりますので、必ずしも以下の通りではありません。あくまでも参考として覚えておきましょう。

プラチナにかけられるメッキ
婚約指輪や結婚指輪の素材として有名なプラチナですが、仕上げにロジウムメッキをかけることが多いです。プラチナにメッキをかける理由は、プラチナが黒ずんだ印象の色のため、よりきれいに見せるための化粧目的です。なお、直接肌に触れないプラチナの場合、下地にニッケルメッキをかけてロジウムメッキをかけられることもあります。

ゴールドにかけられるメッキ
ホワイトゴールドにはロジウムメッキがかけられます。ホワイトゴールドは、ホワイトという名がついているのですが若干黄色味があるため、これを隠すための化粧目的となります。

シルバーにかけられるメッキ
シルバーは、ほとんどの場合ロジウムメッキがかけられます。理由は上述の通り、使用しているうちに変色してしまい色ムラができてしまうことや、黒ずみが衣服を汚してしまう可能性があるからです。ただし、メーカーによっては、銀の変色を楽しむためや、銀特有の暖かみのある色合いを楽しむためという理由でメッキをかけない場合もあります。


【関連記事】:バイヤーがおすすめする人気ジュエリーブランド