阿蘇ゆるっと博 第3回コンシェルジュ研修会 

11月 22
2010

こんにちは。
先週16日の研修会は、小国郷エリアでの開催でした。
講師は、㈲パーティープロ 上畠榮一さん。
「相手に伝わる話し方~お客様の心をつかむコミュニケーション実践~」ということで、二人一組でのサイレントトークや、先生の笑いあり感動ありのお話など、とても充実した講習でした。
相手に与える印象では①視覚55%②声38%③内容7%という調査結果が出ているようで、相手に好感を与え、話を聞き入れてもらうには内容より①・②が大事ということでした。
確かに、いくら大事な話でも相手の態度、話し方が悪ければ真剣に聞く気になれませんよね。電話は特に、声だけでコミュニケーションをとらなければなりませんので、日頃からの心がけが大切だと気付かされました。

午後からのパビリオン体験には、私は北里パビリオンの「旧国鉄宮原線跡地」のコースに参加させてもらいました。
南小国町生まれ、南小国町育ちの私ですが、生れて約1年後に廃駅になってしまったそうです。もちろん記憶にないんですが、最後の日に両親に抱かれて駅前で写る写真を見たことがあり、一度歩いてみたいと思っていたコースでした。

「竹筋橋」で有名な「幸野川橋」。竹のカケラがコンクリートの下から発見されたそうです☆

「学びやの里」の佐藤さんの案内で、色んな昔話・裏話を聞きながらのウォーキングは1時間半という時間もあっという間に感じさせてくれる癒しのひと時でした。
みなさんも是非、一度体験してみてください!

次回は、11月30日(火) 南阿蘇エリアでの開催となります。
お楽しみに☆

報告遅くなりました(>_<)

11月 09
2010

新着情報でもお知らせしました「阿蘇ゆるっと博/第2回コンシェルジュ研修会」を、11月2日(火)に開催しました。

今回の研修会では、午前中は「感動請負人」木谷敏雄さんを講師に迎え、「求められる旅の案内人とは」をテーマにお話頂きました。
フラフープを使った、チームで行うゲーム等も取り入れ、和気あいあいとした雰囲気の中でコンシェルジュとしての心得や、ポイントをわかり易く学ぶ事ができました!
その後、阿蘇エリアの各パビリオンから一つ選び、コンテンツの体験をしたんですが、どこも魅力的で選ぶのに悩みました。。

結局私は、「手野」に行ってきました。国造神社や集落を、「手野の名水会」という地元案内人の方が2時間かけて案内してくれました。

近くを車で通ったことしかなかったので、神社はもちろんですが、「上御倉古墳」の中に入った時はドキドキ大興奮でした!
案内人の方達は、子どもの頃その古墳で肝試しして遊んだりしていたそうですよ。

昔からある、地元の人達にとっては当たり前のものも、見方を変えればその土地のすばらしい財産だったりするんですね。

私もきっとたくさん見落としてるんだろうな~。。

今回研修会に参加したみなさんは、どんな事を感じましたか?☆

次回は来週16日(火)小国郷での開催です。楽しんで参加しましょう!