4月になりました。

4月 13
2015

こんにちは。
阿蘇地域振興デザインセンター瀬津田です。

もう4月になりました。早いものですね。
冬は寒い阿蘇も春がやってきています。もうすでに、草原の維持活動として行われている野焼きも終わり、徐々に新緑が芽生え始めています。

さてということで、阿蘇の自然の話をちょこっとします。
知ってらっしゃる方もいらっしゃると思いますが、阿蘇は四季を通じて、景色の色が変わるのです!

★春は野焼きが終わり、草原は黒っぽくなります。その黒の中にもキスミレなどの植物が芽生え、阿蘇にとっては新しい命を生み出す・育てる色です。花の季節でもあり、阿蘇では一番有名な南阿蘇村の一心行の桜や高森町の高森峠千本桜、バラや、長寿ヶ丘公園のつつじなど色鮮やかなコントラストが山々に映し出されます。
写真は長寿ヶ丘公園のつつじです。

★夏は草原の草が生え始め、きれいな緑、新緑です。花が咲き、草原には牛たちも放牧され、見慣れた阿蘇の景観になります。阿蘇火山博物館前の草千里には、たくさんの観光客が訪れ、賑わいます。夏は水の季節です。水の生まれる里南阿蘇村、数々の湧水が商店街にあふれ出ている阿蘇神社参道の門前町、阿蘇ジオパークの見どころでもある小国町の鍋ヶ滝・遊水峡、産山村の池山水源なども人気のスポットです。青空の青、草原の緑のコントラストはまさに絶景です。

★秋は紅葉の赤。西原村のすすきは黄金の絨毯を引いたような色になります。山都町蘇陽の蘇陽峡は赤や黄色が交じり合いとてもきれいですので、ぜひ見においでください!
またちょっとディープな情報です。秋は写真家にとっては早起きをしたくなる季節なのです。なぜでしょう?

そうです!雲海です。
朝晩の気温差が大きいこの季節は雲海が出やすくなっており、大観峰周辺では雲海ハンターが朝日がでる時間を狙って思い思いのベストショットを撮影します。雲海もろとも茜色に染まる神秘的な瞬間は一瞬です。その時間を狙って写真に収めるのも、阿蘇に来たいい思い出になると思います。ただし、気候や気温の条件がそろった日にしか雲海は発生しません。下調べも必要かもしれませんね。
写真は蘇陽峡です。
※雲海の写真は過去のブログに私がとった写真を載せています。時間が遅かったので太陽は昇ってしまってますが。笑

★冬は真っ白。雪による白銀の世界です。熊本は火の国だから冬も暖かいだろうと思うかもしれませんが、阿蘇は雪が降ります。雪を見ながら入る温泉はまた格別です。冷えた身体に温泉のお湯がしみ込むように、疲れを癒してくれます。南小国町の小田温泉も冬には雪が降り雪見風呂を楽しめる場所となっています。
写真は雪化粧をした阿蘇山です。

春夏秋冬、いろいろな顔を見せてくれる阿蘇はどの時期に来ても存分に楽しめます。
結局長くなってしまいましたが、阿蘇の四季はなんとなくお分かりいただけましたでしょうか。
阿蘇に来たことがある方は、また別の季節に。来られたことがない方は、どの季節でも魅力がいっぱいです。
ぜひ遊びにおいでください!!

寒くなってきました。

12月 11
2014

こんにちは。阿蘇地域振興デザインセンター瀬津田です。
先日阿蘇山・中岳が小規模な噴火をしました。
阿蘇山が生きているという証拠です。
具体的には、下記の通り、火口から直線でかなりの距離があり、安全性については、何ら問題ありません。
これまでと変わらずに、おもてなしの心を持って、お客様をお迎えしますので、安心して、熊本・阿蘇にお越しいただきますようよろしくお願いいたします(12月3日現在の情報)。
 
 [火口から主な観光地等までの距離]
●約1㎞(圏外)「阿蘇スーパーリング」(阿蘇山ロープウェー阿蘇山西駅周辺)
●約3㎞    「阿蘇火山博物館」・「草千里ヶ浜」(阿蘇市)
●約5~10㎞ 「南阿蘇温泉郷」(南阿蘇村)
●約10㎞   「阿蘇・内牧温泉」(阿蘇市)、「JR阿蘇駅」(阿蘇市)、「うぶやま牧場」(産山村)、
       「白川水源」(南阿蘇村)、「高森湧水トンネル」・「高森温泉」(高森町)
●約15㎞以上 「産山温泉」(産山村)、「萌の里」(西原村)
●約20㎞以上 「黒川温泉」・「小田温泉」・「白川温泉」・「田の原温泉」・「満願寺温泉」(南小国町)
●約30㎞以上 「杖立温泉」・「わいた温泉郷」(小国町)

阿蘇は寒くなり、先日は少し雪もちらつきましたが、あったかーいココロでみなさんをお出迎えします!
写真はうっすらと雪化粧した阿蘇山です。(昨年のものです。)

阿蘇の温泉につかって、のんびりしながら、おいしいものを食べにおいでください!!

世界ジオパークに認定されました!

9月 30
2014

こんにちは!
今日は瀬津田に代わって阿蘇DC佐藤が執筆いたします。

以前から世界認定へと取り組みを進めておりました阿蘇ジオパークでしたが、遂に!!世界の冠をいただくことができました!!
発表レセプションパーティーは日本時間9月23日の早朝に行われ、阿蘇では火山博物館において生中継によるパブリックビューイングを開催いたしました。
当日は早朝にもかかわらず発表の瞬間を一目見ようと大勢の方々にご参加いただきました。
発表の瞬間は会場が大いに沸き起こり、まさに感動そのものでした(^^)

さて、デザインセンターでは世界認定に先駆けまして、8月20日~22日まで各市町村の観光担当課長様方をお連れし、京都府・兵庫県・島根県を跨ぐ山陰海岸ジオパークへと視察研修に行ってまいりました。
そこでの感想や今後の阿蘇の課題等、私が感じたことを僭越ではございますが、掲載させていただきたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
現在日本ジオパークとして認定されている阿蘇だが、本年度は世界へ躍進するだろう年となりうる。
それにあたり、先に世界の冠を掲げる山陰海岸ジオパークへと視察研修を行う運びとなった。
阿蘇が世界に認定された際、その後の対応や地域振興へどういった形で利用していくのかといったことを各々感じ取り、世界認定を受けた後につなげることを目的として行った。
研修行程は別添資料にて報告する。
今回の研修を通して様々なことを感じることができた。
まず、拠点施設の重要さである。山陰海岸ジオパークには、ジオパークを主とした施設が多々存在した。そこらはジオパークに関する体験学習施設、博物館のような資料展示、歴史の紹介等の内容であるが、そういったものがあることによって情報発信の基盤となりジオパークの名を有効に利活用できるように感じた。そして、なによりもそこらの施設には人を惹きつける人がおられた。これが他の地域と差別化できるところであり、ジオパークを推進していくうえにおいて一番重要となる部分だと感じた。
また、サインの重要性に気付かされた。山陰海岸をバスで移動中、ほとんどジオパークの看板を見つけることができなかった。たとえ見つけてもそれは決して目立つものではなかった。看板設置により、サブリミナル効果のようにサインを目に止めずとも、目立つものであれば無意識にでもジオパークというものアピールすることができるのではないだろうか。
今後の課題として、共有できることもいくつかあった。互いの地域とも少子高齢化、過疎化が問題視されており、ジオパークといった観点のみならず地域振興への不安が感じられた。また、地域間でのジオパークに対しての温度差をどういった形で埋め、地域全体で盛り上げていくかが今後の両地域ともの課題といえるのではないだろうか。
また、阿蘇をガイドする方々の研修も今後必要なのではないかと感じた。ガイド上達の研修もさることながら、実際に他地域のガイドをされている方を直接見て体験し、良いところ改善すべきところ等を感じ取り自らのガイドへ反映させていただくような研修こそが前に挙げた差別化を図るキーパーソンを養成するものとなりうるのではないかと感じる。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この度晴れて世界認定を受けた阿蘇でございますが、今後も日本各地のジオパーク認定地と連携しながら、地域の良さをより多くの方々に知っていただけるようこれからも阿蘇は邁進してまいります!

近況報告!

9月 02
2014

こんにちは!阿蘇地域振興デザインセンター瀬津田です。
久しぶりの投稿です。

さて、阿蘇は7月30日から8月2日までの間、阿蘇ジオパークの世界審査が行われました。

今回阿蘇に審査員としていらっしゃたのは、2名。イタリアからマウリツィオ・ブルランド氏と中国から金小赤氏。
初日:まずは阿蘇市役所に到着し、阿蘇ジオパーク推進協議会会長でもある佐藤義興市長に迎えられました。
そこで阿蘇ジオパークの概要を説明し、初日は天気が良かったので、阿蘇山の火口を見学に行きました。

2日目:この日はあいにくの雨でしたが、大観峰からの眺望はおおむね良好。阿蘇カルデラの成り立ちを阿蘇ジオパークガイド協会の方々が体全体を使って表現しました。その後、南小国町の押戸石の丘に移動し、そこでNPO法人押戸石の丘メンバーがBBQや手打ちそばで昼食のおもてなし。昼食の後は、小国郷を視察し、鍋ヶ滝や遊水峡などを回り、杖立温泉に宿泊されました。

3日目:3日目は阿蘇市周辺を視察。初めに手野集落の国造神社に訪れ、手野名水会のメンバーによるガイドが行われました。次に阿蘇神社・門前町を訪れ、水の恵みを活用した商店街を散策しました。阿蘇駅を経由し、阿蘇火山博物館へ。阿蘇火山博物館ではジオパークの拠点機能を紹介。阿蘇火山博物館名物のカルデラ作成実験には、審査員たちも興味津々でした。

4日目:最終日には南阿蘇方面を見て回りました。俵山から始まり、南阿蘇からの阿蘇山を見学しました。池の川水源では阿蘇青少年交流の家のジュニアガイドによる案内のサプライズがあり、大変喜ばれていました。その後、南阿蘇ビジターセンターで阿蘇の多様な植生を説明し、高森町観光交流センターでは、男の料理教室による、流しそうめんのおもてなしがありました。トロッコ列車に乗ったり、阿蘇中央高校生によるジオ学習成果発表などがなされ、審査総括・ファイナルパーティーを最後に世界審査は終了しました。

審査員たちの評価はなかなか好評。今後の課題としては、ツーリズムの連携、地質や地形に興味のある方への『伝える力』、専門知識の強化、語学力などがもう少し必要というご指摘を受けました。

この審査の結果発表は、9月17日から23日までカナダ・ストーンハンマー世界ジオパークで行われる第6回ユネスコジオパーク国際会議で発表されます。
結果発表をリアルタイムでお届けするため、阿蘇火山博物館では会議の模様をインターネット中継で配信予定です。
世界ジオパークの一員となることを切に願っております!!みなさま、ご協力をよろしくお願いいたします!

これからも阿蘇をよりたくさんの人に知ってもらうため、9月27-28日には、東京ビッグサイトで開催される「ツーリズムEXPOジャパン2014」に阿蘇として出展いたします。関東圏の皆様、お時間あれば阿蘇のブースに一度遊びにおいでください!自然いっぱいのブースでゆったりできること間違いなしです!

10月26日(日)には、フランスソルボンヌ大学前学長でもあり、フランス地理学会会長のJ.R.ピット教授をお招きし、阿蘇の「食」と「景観」の結びつきを解き明かしていただくシンポジウムを開催いたします。「食」と「景観」の世界的権威であるピット教授のお話を聞く、貴重な機会ですので、ぜひおいでください。入場無料となっておりますが、参加ご希望の方は阿蘇地域振興デザインセンターまでご連絡ください。

これから阿蘇は寒くなる一方ですが、それを感じさせないような熱い催しがてんこ盛りです。

長くなりましたが、今回はおしまいです~(^^)b

阿蘇の動き③

6月 10
2014

こんにちは!阿蘇デザインセンター瀬津田です。

今日は阿蘇地域と近隣市町村の大分県竹田市・宮崎県高千穂町で構成されている「阿蘇くじゅう高千穂観光圏」についてご紹介します。
まず、観光圏とはなんぞや?という疑問を解決したいと思います。
観光圏とは、一つの都道府県または近隣の都道府県で構成されており、その地域を一つの観光地域としてまとめ、観光に訪れる方の長期滞在を促進し、観光地の魅力を高めようとする区域です。国土交通省観光庁から認定を受けた地域で新観光圏として国内で6地域が認定されています。阿蘇くじゅう観光圏では「阿蘇カルデラ~命きらめく草原の王冠~」をコンセプトに様々な滞在プログラムを創りあげています。

6月9日(月)には、阿蘇くじゅう高千穂の地域協議会「阿蘇くじゅう高千穂デザイン会議」が開催されました。
阿蘇くじゅう高千穂デザイン会議では、阿蘇くじゅう高千穂を内外にPRすることを目的に、東京駅にあるTIC東京に参画しています。TIC東京とは、東京駅にあるインフォメーションセンターとして旅行者を中心に観光案内を行っています。観光圏のパンフレットの設置や森観光トラストが運営するラフォーレ倶楽部会報誌への情報掲載などを有効的に都市圏、旅行者向けにPRしております。
TIC東京

また、現在販売中の阿蘇くじゅう地域のロープウェー・バスなどが乗り放題となるお得な乗車券「あそまる切符」の利用促進などにも取り組んでいます。

阿蘇くじゅう観光圏についてはここまでにします。
それではまたまた~♪

阿蘇の動き②

5月 22
2014

こんにちは!阿蘇地域振興デザインセンター瀬津田です。

今日は昨年5月29日に阿蘇地域が認定されました、世界農業遺産についてお話ししたいと思います。
まずは世界農業遺産について少し説明を。
世界農業遺産とは、長年継続されてきた伝統的な農業や、自然維持、生物多様性などの保全を目的とされた、世界的な重要な地域を国連食糧農業機関(FAO)が認定するものです。昨年富士山が登録となった世界文化遺産(世界遺産)との違いは、世界文化遺産は不動産などを登録するのに対し、世界農業遺産はシステムなどを認定するという違いがあります。

阿蘇が世界農業遺産に認定されたのは、2013年5月29日。もうすぐ1年となります。
それを記念して、5月21日阿蘇いこいの村にて、第2回阿蘇世界農業遺産推進協会総会・阿蘇地域世界農業遺産認定1周年記念シンポジウムが開催されました。

まず始めに、熊本日産自動車(株)から世界農業遺産への支援として阿蘇管内の全市町村に電気自動車リーフの無償貸与、贈与していただいたことを記念してテープカットなどの日産リーフセレモニーが行われました。

セレモニー後、世界農業遺産に登録されてからの去年1年間の取り組みや今年の方針などを決める、第2回阿蘇地域世界農業遺産推進協会総会が行われました。総会では様々な意見が飛び交い、世界農業遺産の地で生産される農作物のブランド化や、世界農業遺産を活用した取り組みなどの募集の提案もありました。

総会終了後、阿蘇地域世界農業遺産認定1周年記念シンポジウムが開催され、南小国町・JA阿蘇青壮年部高森支部・阿蘇中央高等学校の3団体の事例発表が行われました。

南小国町では、世界農業遺産認定後、世界農業遺産をアピールするモニターツアーや地産地消を薦める会議などの取り組み発表がありました。NPO法人みなりんくを立ち上げ、環境保全活動や交流人口の拡大、食とエネルギーなどの観点からこれからの1000年につなげれるような取り組みを推進していくと述べられました。

JA阿蘇青壮年部高森支部の事例では、阿蘇を代表するあか牛をなんとかPRできないかとの議論になり、焼きそばにあか牛のホルモンを使った「ASOたかもり赤ホル焼きそば」を開発し、これから高森町の飲食店でだせるようなものにしていきたいとの抱負を述べられました。

阿蘇中央高等学校の事例では、野焼きの歴史や草原の大切さについて発表があり、草花図鑑の作成や草どまりワークショップなどをひらき、草原文化について理解を深め、美しい草原の維持のために活動を続けていくとの発表がありました。

最後に熊本日産自動車株式会社古荘常務取締役より『「電気自動車の聖地化」による観光と環境の両立』というテーマでの講演があり、「阿蘇を電気自動車の聖地に!」というアイデアを提案していただきました。電気自動車は排気ガスを排出しないため、環境にやさしく生物多様性などを汚染しないとのこと

「阿蘇の草原の維持と持続的農業」。これらの営みは昔々から代々受け継がれてきた、阿蘇にとっては当たり前のこと。しかし、俯瞰してみてみると世界的にも稀なことで、阿蘇という地は素晴らしい文化・伝統が守り受け継がれてきた地であると考えさせられます。
これからもこの取り組みを絶やさぬよう、みんなで守っていかなければなりませんね!!

長くなりましたが、今回はおしまいです。

阿蘇の動き①

5月 16
2014

こんにちは!阿蘇地域振興デザインセンター瀬津田です♪

長らく更新が止まっていました、このブログですが、今からまた阿蘇地域振興デザインセンターの取り組み、阿蘇のみどころなど、随時アップしていきたいと思っております。
さてさて、今年の阿蘇の動きについて少しご紹介をします。

まずは阿蘇ジオパーク!
ジオパークって何?と思われる方もいらっしゃると思いますので、少し説明します。
ジオパークとは、簡単に言えば、「自然に親しむための公園」のことです。阿蘇は阿蘇山に始まり、世界最大級のカルデラ、湧水、温泉、動植物など自然が何万年もかけて作り上げてきたものがたくさんあります。そこに住む地元の人たちで、保全、教育的に活用し、ジオツーリズム(ジオパークを肌で感じる)を推進するというのが、ジオパークの活動になります。
阿蘇ジオパークのテーマは「阿蘇火山の大地と人間生活」であり、阿蘇に住むたくさんの人々は、活火山である阿蘇山とともに共存し、その自然の恵みを活用し、様々なことに取り組んでいます。

阿蘇ジオパークは2009年に日本ジオパークに認定されており、世界ジオパーク認定に向けて前進しているところであります。
今夏、阿蘇ジオパークは世界申請に向けた、現地審査が行われます。ただいま正念場です!たくさんの方々に阿蘇ジオパークのことを知ってもらい、「阿蘇の自然」を感じてもらえたらうれしいです。
ジオパークについては今日はここまで。また現地審査、その後のことも報告できるよう努力します!
興味がある方は阿蘇ジオパークのホームページへGO!facebookも更新中です!

続きはまた今度~。

阿蘇ジオパークホームページ

コンシェルジュ研修会in竹田市!!

2月 14
2012

先日、2月10日(金)に竹田市で「阿蘇ゆるっと博コンシェルジュ研修会」を開催しました。
午前中は、佐世保市観光コンベンション協会の富田由香子さんを講師に招き、「地域の物販・飲食につながるご案内・プランづくりの秘訣」というテーマで講義を行い、午後から竹田市内のまちあるきを体験しました。

講義では、佐世保市が実施している「時旅」について、実施に至るまでの経緯を当時の想いを交えながらお話いただきました。「案内人に無理がいかないよう日程・応募人数を考慮することで、継続的な活動が可能になる」という点は、特に感銘を受けました。また、参加費が3,000円~5,000円程度と、他のツアーに比べ少し割高なのも特徴です。
これらの設定が、お客様に受入れられるか始めは心配もあったそうですが、始まってみればお客様からのクレームは現時点でゼロということでした。
富田さんのお話では、参加者のみなさんの「楽しもう」という気持ちに、案内人が逆に助けられることも多いそうです。
また、心がけていることが「案内人と参加者が同じ目線で驚いたり、感動したりできる雰囲気作り」ということを聞き、初めて見聞きした人の新鮮な反応に、案内人も一緒に喜んだり楽しんだりしている情景が目に浮かびました。
こういう心がけや、参加者を受け入れる気持ちが、参加者の満足度アップにつながっているんでしょうね。
後半は、参加者の様々な質問にざっくばらんにお応えいただき、とても有意義な講義となりました。

午後からは、竹田市内の散策です。

まずは商店街で昼食をとりました。
2月3日より、「第14回岡藩城下町雛まつり」を開催中で、それに合わせて「雛御膳」や「ひいなあそび」など、期間限定のメニューを準備しているお店もありました。
城下町も、いたるところにお雛様が飾ってあり、歩くだけで楽しくなる雰囲気でした。

昼食後は、地元ガイドの方に「~八幡山参り~一生祈願」のご紹介をしていただきました。
下の広場「参道(産道)」から始まり、階段10段目までが「幼年期」、40段目までが「少年期」、77段目までが「青年期」と人生の階段を登り、登り詰めると人生の絶頂、恋愛の仏様が祀られる「愛染堂」に到着する、というストーリーになっていて、きつい階段もワクワクしながら登れます!!
自分の人生を振り返りながら登るのがポイントだそうです。
また、雛まつりだけでなく、竹田市では「ぶらりひとつま味キャンペーン」も実施中です!!
これは、5枚綴り500円の「ぶらつま味クーポン」を購入し、あちこちのお店でおいしいものをちょこっとずつ食べ歩きしよう!というキャンペーンで、4月30日まで実施するそうです。
今回は、研修会参加者もクーポンを3枚ずつ使い、竹田市内を散策してまわりました。

どこのお店も店員さんが温かく迎えてくれるので、初めて竹田市を訪れる人でも安心して散策できます☆
「町のみんなでお客様をおもてなししよう」という気持ちがとても伝わるまちあるきでした。
富田さんにも午後までお付き合いいただき、気付いたことなどアドバイスをいただくことができました。
とても寒い1日でしたが、竹田市のみなさんの温かいおもてなしで、参加者のみなさんにも最後まで楽しんでいただくことができました。
!!「ぶらつまクーポン」は、とても参考になるアイテムでした。

次回は、2月24日(金)に高千穂町で開催します。

あそ三写めぐりキャンペーン 応募者ご紹介★

3月 22
2011

ゆるっと博が開幕し、応募者第1号です!

とってもかわいい写真とコメントをご紹介します。

ニックネーム:トロちゃん
【コメント】
宝探しで阿蘇に行きました!野焼きをやっていてあちこちもくもく煙。こんなに広い阿蘇の野焼き大変だろうな~と感動。
次回はセカンドステージで行きますよ~!!
セカンドの際はゆるっと宿泊予定♪100万とるぞー!!

阿蘇ゆるっと博 東京プロモーション 行ってきました!!

3月 02
2011

先週23日・24日の二日間、東京駅前の「TIC東京」にて、ゆるっと博のPRやってきました。
大都会にひるみながら、田舎者丸出しでなんとか現地に着き、ドキドキのスタートでしたが、、くまモンと美人女将さん達にたくさん元気をもらい、楽しめました!!

ところで、都会の人は冷たい、、なんて思い込みはダメですね!
二日間で、ゆるっと博のパンフレットがなんと、3,200枚もはけちゃいまして。
通りすがりに優しい言葉をかけてくれる人や、熊本ファイヤーの歌を「おもしろい!」と誉めて(?)くれる人など。
いろんな人がいて、やっぱり都会は刺激的!!あっ、偶然阿蘇出身の友達にも会いました(^u^)世間は狭い。

そして忘れてはいけないのが、「阿蘇ゆるっと博宣伝課長 進藤久明さん!!!」

とっても寒かったんですけど、彼の魂は燃えており、Tシャツで登場でした(>_<)
その熱い想いに乗せて歌われる「月のカルデラ」や「路地裏で乾杯」は、行き交う人々の気持ちをがっちりキャッチしておりました。

くまモン・五岳君も大活躍で、ゆるキャラブームのすごさを思い知りました。今まであんまり気付かなかったけど確かに、かわいい☆

物産の方は、はな阿蘇美さんやテレワークセンターさん、銀座熊本館が頑張ってくれました!
予想を遥かに越える売り上げで、十分「阿蘇の味」をPRできたと思います。
よかった☆
阿蘇に興味を持ってくれる人が意外に多いことが嬉しかったです。

「阿蘇ゆるっと博東京プロモーション」大成功です~!

ゆるっと博開幕まで残すところ、10日!!!
12日には「阿蘇ゆるっと博オープニングイベント」が盛大に行われます。
進藤さんも、PRの旅第2弾に旅立たれますので、みんなでエールを送り、ゆるっと博始まりの喜びを分かち合いましょぅ★☆